MENU

【尿管結石】こんな症状が出たら要注意!効果的な予防方法も!

尿管結石は激痛がするというイメージがあるものですが、激痛になる前には、何らかの症状が現れてきている場合があります。

 

症状がひどくなる前に軽い症状が現れてきているのであれば、尿管結石が出来ているということを自覚できるかもしれません。

 

尿管結石の原因は何?

尿管結石の原因は、水分不足や過食・偏食、ストレスや薬の影響など、様々なものがあります。

 

また女性の場合、更年期の影響で尿管結石になることもあります。

 

尿管結石には女性もなる?

女性よりも男性の方が罹患率が高い病気ではありますが、女性も油断してはいけません。

 

誰でもなる可能性がある病気ですので、油断しないようにして予防をしていくといいでしょう。

 

尿管結石の痛みって?

尿管結石が出来ると、下腹部の痛みや背中の痛みを感じることがあります。

 

しかし初期の段階では、激痛ということはありませんので、気づきにくい人も多いものです。

 

痛みの感じ方としては、筋肉痛のような痛みを感じるようになりますので、何か無理な運動でもしたのかという程度にしか思わない場合もあるでしょう。

 

しかしいつもとなんだか様子が違うと自覚がある場合には、診察に訪れてみることです。

 

尿管結石の治療って?

初期の段階であれば、手術をする必要もなく尿として排出することができますが、5ミリ程度の大きさくらいまでになります。

 

これ以上大きくなっている場合には、自力で排出するのが難しいですので、手術が必要になる場合もあります。

 

激痛や血尿の症状が出てしまう尿管結石ですが、予防をする方法もあります。

 

尿管結石の予防方法

予防方法としては、普段から大目に水分をとるようにしておくことによって、予防をしていくことが出来るでしょう。

 

夏は汗をかきやすい季節でもありますので、普段と同じくらいの水分接種では少なくなります。

 

意識して大目に水分をとるようにしておかなければ水分不足になりますので、尿管結石だけではなく脱水や熱中症などになる場合も出てきます。

 

水分が不足することによって、あらゆる病気を引き起こしてしまうこともありますので、出来るだけ多めに水分をとるように意識していかなくてはなりません。

 

夜遅くに食事をするのもよくないですので、出来るだけ就寝よりも4時間前には食事を終えるようにしておくことです。

 

結石は夜寝ている間に作られるようになりますので、夜遅くの食事は厳禁です。

 

寝る前に小腹がすいてしまったからといって食事をしているようではいけませんので、時計をみながら規則正しい生活を心がけるようにしていきましょう。

 

いくら手術で回復できるとはいっても、激痛を味わうのはつらいですし、血尿が出れば動揺するようになります。

 

症状が現れないようにするためにも、結石が出来ないような生活をしていくことです。